水素とは・・・

水素は最も小さい元素であり、無色・無臭で空気より軽い気体です。(空気:水素=1:0.07)
水など色々な物質に含まれているため、取り出すことで水素を作ることができます。

水素の用途

従来から、産業用途として幅広く使われています。
たとえば・・・鉄、ステンレス、ガラスなどの表面処理加工、石油精製、マーガリン製造工程、ロケットの燃料 など

新たな利用先

燃料電池自動車(FCV)や燃料電池発電機等の燃料として、水素を利用しています。
燃料電池を用いて、水素と空気中の酸素とを反応させることで電気を作ります。
利用段階において、温室効果ガスを排出しない環境に優しいエネルギーです。

燃料電池自動車(FCV)とは・・・?

水素と空気中の酸素によって発電し、モーターで駆動する自動車です。
地球温暖化ガスである二酸化炭素の様な排気ガスは出ず、水だけが排出されます。

将来の水素エネルギーの位置づけ

水素エネルギーについて

水素=「将来の有力なエネルギー」

MENU